「代筆屋」 辻 仁成 著ー読書案内

   

週末の読書案内、お久しぶりに小説のご紹介です。

読書

読書

WEBで求められている文章と、表現したい文章と、

微妙に違うと感じることは、ないでしょうか?

感情に訴えかけられる文章も、

小説とコピーライティングでは、少々肌合いが違います。


「代筆屋」 辻 仁成 著  幻冬舎

分類:日本の小説

 

主人公は駆け出し小説家で、

副業で、手紙の代筆をしています。

主人公はどことなく、著者の辻仁成さんを感じさせますね。

 

こんなに過不足なく、思いやりのある手紙をもらったなら、

どんなに嬉しいかと思うラブレターのやりとりから、

人生の哀しみを感じる手紙まで。

手紙を軸にした、短編仕立てになっています。

文章の名手の心温まる技を、心ゆくまで堪能できますよ。

 

もし、あなたが書くことに疲れていたら、

時には小説を読むのもいいですね。

上質な文章に、感情を揺すぶられるのに任せます。

その感情を味わいつくしたら、

書くことへの情熱も、戻ってくることでしょう。

 

文章にはそれだけのチカラがあるのです。

本当は、あなたもご存じですよね?

 

 

 - ライターの本棚