「『ぐずぐず脳』をきっぱり治す!」ー読書案内

   

3月も後ラスト1週間。

本日ご紹介するのは新年度に向けて背中を押してくれる本です。

文章サポートライター梨理です。

 愛・LOVE・ブログ会も、背中を押してくれる本をテーマに読書会を開催します。

お知らせは最後をご覧くださいね。

「『ぐずぐず脳』をきっぱり治す!」 黒川 伊保子 著

出版社:集英社

出版年:2016年8月

分類:自己啓発

私にとって初めての著者になりますね。

肩書きは人工知能研究者・脳科学コメンターということで、面白そうな匂いがしたのです。

シンプルな習慣の強さと具体的な実行方法について。

軽妙な語り口には好き嫌いが分かれるところかもしれません。

私は読んだ後やる気になっていましたよ。

個人的エッセンス10

  1. 網膜に光が当たらなくなると、視床下部脳下垂体のホルモンが働き出す。
  2. 血糖値が急降下する時に中性脂肪が量産される。
  3. 私たちは潜在意識の取捨選択に人生を託している。
  4. 軽い有酸素運動はドーパミン(好奇心)とノルアドレナリン(集中力)ホルモンを出す。
  5. 脳は7日間ワンセット。1週間あれば意識の位相が変わる。
  6. ルーティンワークは同じ神経信号の状態を作れる。
  7. 朝脳が半分寝ている状態で軽い運動。セロトニン(幸福)が倍増。
  8. 足裏を磨くと毛細血管が活性化する。脳は毛細血管の塊なので脳が活性化。
  9. 人をとやかく言うと思考そのものにブレーキがかかる。
  10. 新しい体験が新しい脳の回路を作る。

読み終えて

ひとつひとつの習慣は、普段意識していることかもしれませんが、

ホルモンとの関わりなどの知識を補完するのにいい本です。

 

感じたことをすぐ口にする習慣。

これは右脳(インプット)を左脳(アウトプット)で言語化するということ。

脳を連携している脳梁を使ってイメージが出力されていることなんですね。

ブログを毎日書くのは脳の活性化に一役買っているかもしれませんよ。

書誌データ

* 「ぐずぐず脳」をきっぱり治す! 人生を変える7日間プログラム

出版社:集英社

出版年:2016年8月

分類:自己啓発

おまけ

愛・LOVE・ブログ会季節のお薦めは、

背中を押してくれる本セレクトガーデン読書会です。

  • プチ・インタビュー&今のあなたの背中をそっと押す本をご紹介。
  • ガーデンカフェの中での読書会。(テーマは:背中を押してくれる本)

* 詳細はこちら

* お問い合わせ&お申し込みはこちら

 

 - ライターの本棚