「わが家で最期を。」ー読書案内

   

人生最期を考えることは、

今をよりよく生きることに繋がると考えています。

文章サポートライターです。

高齢化社会、定年後の仕事を考えると同時に、

どんな最期を迎えたいかと考えることは矛盾しません。

在宅看取り医師の方が書かれた本です。

「我が家で最期を。」 千場 純 著


副題:家族の看取り、自分の”そのとき”に公開しない50の心得

出版社:小学館

出版年:2017年3月

分類:医学

個人的エッセンス

* 安らかに死にたい人は、長生きをし、

病気があっても枯れるように死んでいく「病衰」

本当の自然死である「老衰」を目指す意思と尽力が必要。

* アルフォンス・デーケン先生によって啓発された笑いの効用。

先生によると、ユーモアとは「~にもかかわらず笑うこと」と定義づけられている。

救命措置と延命措置は違う。家族で話しあっておくこと。

*リビングウィルは、死生観が備わっていないと書けない。

 

現代では、人の死はおおい隠されていますね。

ほとんどの方が、死に至る経過を知らないまま、その時が来てしまいます。

ポックリいくことの難しさも知りました。

人生最期の店仕舞い、先延ばししてしまうのも人の常でしょうか。

考える契機にしたいものです。

 

関連して 小説のお薦め本

小説から、看取りの現場を考えてみるのもいかがでしょうか。

以前ご紹介致しました、この本もお薦めです。

* 「サイレント・ブレス」 南 杏子 著

書誌データ

 わが家で最期を。: 家族の看取り、自分の”そのとき”に後悔しない50の心得

副題:家族の看取り、自分の”そのとき”に公開しない50の心得

出版社:小学館

出版年:2017年3月

分類:医学

 - ライターの本棚