フリーランスの基礎知識(43) 簡単経理入門編ー損益計算書の見方

   

この連載はフリーランスに興味がある方、

また、成りたてで必要な情報がわからない方を対象にしています。

超文系ライター梨理による、専門家に学ぶ基礎知識シリーズです。

損益計算書の見方

ブログ用_2 梨理

日々の経理のチェック項目はわかりました。

数字が読めないとどうしようもないので、今日はいよいよ、損益計算書のポイントを数字苦手な私にもわかる様に教えてください。

ついていけるかドキドキです。

20160828222153.jpg爽やか先生

梨理さんは本当に数字が苦手なんですね。

数字を読む目的が、自分の仕事を継続していける為と思えば頑張れるはずです。

最終的には専門家にお任せするにしても、これだけは知っておかないと経営として成り立たない部分だけを、お話していきます。

損益計算書の意味

20160828222153.jpg爽やか先生

貸借対照表経営状態の全体を見るのに使われますが、実際の仕事の数字を分析するのに必要なのは、損益計算書です。

損益計算書が読めれば利益の仕組みを把握できるのです。

よく、P/Lと言われているのを聞いたことはありませんか?

損益計算書のことで、Profit and Loss Statement の略です。

売上原価とは

20160828222153.jpg爽やか先生

最初に売上げ原価について説明しましょう。

売上ー売上原価(材料費等)=粗利(あらり) というのは聞いたことがありますか?

例えば売上げが100万円でも材料費に30万かかっていれば粗利は70万円ですね。

ここまでは大丈夫でしょうか?

ブログ用_2 梨理

先生、本当にここまでです(苦笑)

この後丁寧に教えてください。

20160828222153.jpg爽やか先生

次に原価率にいきますね。

売上原価(材料費等)÷売上高=原価率です。

先程の例で言えば、

30万円(売上げ原価)÷100万円(売上高)=30%(原価率)ですね。

 

売上原価は在庫を調べて算出します。

いわゆる棚卸しですね。

先月末の在庫を調べ(期首在庫高)を調べ、今月末が終了したら在庫(期末在庫高)を調べます。

期首在庫高+当月仕入れ高-期末在庫高=売上原価

例えば、

5万円(先月在庫)+50万円(当月仕入れ高)ー15万円(当月の期末在庫)=40万円(売上原価)となります。

梨理さん、ついてきていますか?

販管費とは?

ブログ用_2 梨理

はい、なんとか。

でも、かかる費用って材料費だけではないと思うんです。

水道光熱費や広告費用も経費ですよね?

20160828222153.jpg爽やか先生

その疑問が出てくるならついてきていますよ。

先程の利益は粗利益(通称粗利)

おおざっぱな利益なんですよね。

 

営業利益はここから販管費を引くと出てきます。

販管費は維持に必要な経費で、水道光熱費家賃人件費広告宣伝費などですね。

細かなもので言えば修繕費消耗品費もあります。

売上高ー売上原価(材料費)=粗利

粗利ー販管費=営業利益となる訳です。

  • 販管費は粗利の中から賄う。
  • 営業利益を増やす為には、売上原価を減らすか販管費を減らす。

ここを認識していただいて今日は終了と致しましょう。

*フリーランスの基礎知識は月曜日に連載します。

 - フリーランスの基礎知識