フリーランスの基礎知識(30)-事業と時流のお話

   

この連載は、フリーランスに興味がある方、

また、成りたてで必要な情報がわからない方を、対象にしています。

超文系ライター梨理による、専門家に学ぶ基礎知識シリーズです。

4月から、改めて最初から振り返っていきます。

前回のお話 ”心構えと失敗しないポイント”

 消費の動向

ブログ用_2 梨理

志を立て、この商品で世に出ていきたいと願っても、

必要と思われなかったら、どんなに良いものでも浸透していきません。

フリーランスも、需要と供給の仕組みは、いつも頭の片隅にあると思います。

20160828222153.jpg爽やか先生

ここ数年の消費の傾向を見てみましょう。

1.個人の時代

生産者直販・Facebook繋り・プロブロガーの誕生。

2.地域の時代

お取り寄せ・ふるさと納税

3.レトロ復活

写ルンです・ガウチョパンツ

フリーランスという働き方には、チャンスの風が吹いている、

とも見える時代ですよ。

ブログ用_2 梨理

確かに、会社でも副業禁止は減ってきました。

様変わりしたなあと思います。

つまり、国も会社も、全部面倒見切れませんよ、

個人の裁量で頑張りなさいよ、と言われている様な気もしますが・・・。

 

20160828222153.jpg爽やか先生

その通りです。

フリーランスという形態は、副業の形からでもスタートできます。

自分の能力と社会の需要をすり合わせていくのを、

考えていくことが大切なんですね。

ニーズを読む

ブログ用_2

梨理

前回、マーケティングは、

販売目標的なものから、社会貢献志向へとシフトしてきた、

というお話をお聴きしました。

それでは、どの様にして、社会のニーズに応えていけばいいのでしょうか?

20160828222153.jpg爽やか先生

ここだけはというところを、ピックアップしますね。

まず、製品のポジショニングです。

提供予定サービスに、潜在顧客がいるのか考えてみましょう。

あなたのサービスが無いために我慢を強いられている方々、と言えば

イメージしやすくなりませんか?

 

それから、流通チャネルは、たくさんあればあるほどいいですよね。

ネットショップも選択肢のひとつでしょう。

また、価格というのは面白いもので、端数をつけることによってお得感が出たり、

均一にすることでわかりやすくもなります。

 

忘れてはいけないのは、

価格と直接関係ないけれど、信頼感からくるブランドですね。

これは一流ブランドショップだけのお話ではなくて、

フリーランスの方も同じですよ。

最後の一押し、プロモーション

新製品販売3カ月前に、プレリリースとしてメディアに取り上げてもらう、

地域ネタに取り上げてもらうなどが、考えられます。

 

でも、フリーランスの最強プロモーション、

それは、個人の想いです。

潜在顧客に向かって、しっかりと伝えられる様になるといいですね。

*フリーランスの基礎知識は、毎週月曜日に連載致します。

 - フリーランスの基礎知識