魂は細部に宿るーパッケージ考

   

フリーランスにとってのビジネスヒントは、

商品を見極める消費者である時に、見つけることが多いです。

文章サポートライター梨理です。

どの様な手法で商品展開を行っているのか、

実際にどれが選ばれるは、お客様に委ねられています。

自分が顧客側に立った時に、

喜んで対価を払える商品を提案したいものですね。

過去の事例

名前を仮にS社としておきましょう。

私はライターという仕事柄、情報のキャッチ能力は早い方です。

 

S社の商品は、当時、知る人ぞ知るというマニア向けな印象でした。

これは身体と心に良い、とライターのアンテナが立ち、

私は広く体験する場をリクエストしました。

同様のリクエストも多かったのかもしれません。

 

体験してみて、商品価値を感じたので実際に購入も致しました。

その後、S社は急激に認知されていきました。

コレはいい、コレは広がる!

自分がいち早く情報をキャッチできたことに、満足していました。

 

1~2年して、S社は順調に拡大していき、

新しいコンセプトの商品が限定発売されました。

これまでの経過から、いい商品であると予測ができ、

また、興味のある分野の商品でしたので購入を決めました。

届いたものはどんなものだったのでしょうか?

 

S社の商品は、同業他社製品より若干高めの価格ではありましたが、

これまでのS社の品質を考えると許容範囲です。

中身だけを考えると、妥当な価格かもしれません。

 

ただ、パッケージがお粗末でした。

類似品よりも良い品質で、それに伴い価格もお高めの場合、

商品を包むパッケージは、どうあればいいのでしょう。

 

この問いには正解がありませんが、

要は、中身に見合っていなかったのですね。

すぐに壊れそうなチープなパッケージには、

悲しみを覚えるほどでしたよ。

コストを下げるのが最優先なのか、

S社の本音が透けて見える様な気がしました。

 

拡大路線の中で、いつしかコンエプトが変わってしまったのでしょうか。

あまりにもがっかりしたので、他山の石としている出来事です。

プレゼント発送

顧客側になると、パッケージの細部に気を配った発送は、

会社の真心を感じますよね。

この夏、とある会社から、

長年の顧客に向けてのプレゼントを体験しました。

サプライズな嬉しさでしたね。

 

特に、フリーランスの様に個人で仕事をしている場合は、

商品と人柄が直結していると見られます。

内容だけではなく、周辺の細部にまで気を抜かない、

誠実な仕事を心がけたいものです。

 

この会社の様に、

長年の顧客にプレゼントができる様になる!

という目標は、

仕事を続けていく上で大きなモチベーションになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 徒然, フリーランスの基礎知識