アクセスバーズ(Access Bars®)プラクティショナーがセッションに至るには

   

IMG_8891
初出は2015年12月31日です。
今に繋がる記事として、リライトしてお送りします。

セッション観察プロジェクト期間

アクセスバーズ(Access Bars®)講座終了と同時に、
アクセスバーズ(Access Bars®)プラクティショナーとなります。
それから直ぐに、プロフェッショナルとして、活躍できるのか?
気になる方もおられるでしょう。

正直に言うと、人それぞれだと思います。
それまでのバックボーンが違いますから。
身体の専門家歴10年の人と、
初めて、お人の身体に触れる人とでは、
まず、触れ方にも違いがあって当然でしょう。

講座をご一緒したのは、
身体や心の、プロフェッショナルな方々でした。
実技も、実感を確かめながら、進まれている印象です。
手元がおぼつかない、不器用なワタクシでしたが、
ペアを組んだ方が、詩的な表現で、
こんなコメントをくださいました。

オーラの中に、優しく入ってこられるので、
侵入された感じがしないですね。
自然に溶け合っていくというか、共鳴していくというか・・・。
出て行く時も、余韻を残していく感じ。
社交ダンスをされているから、なんでしょうね。

アクセスバーズ(Access Bars®)も、ダンスと同じ。
人と触れ合う、コミュニケーションツール、とも言えますね。

実技は、1回目よりは2回目の方が、体感があり、
その後の練習でも、日毎に実感が強まっています。

現在は、身近な人へのセッションでの、
観察プロジェクト期間です。

 - アクセスバーズ™セッション ,