アクセスバーズ(Access Bars®)プラクティショナーになるまで

   

IMG_5361
初出は2015年12月です。
今に繋がる記事として、リライトしてお送りします。

第一印象

アクセスバーズ®プラクティショナー
になりました。
資格としては、1日で取れるものです。
だからこそ、検討・決定までには、時間が必要でした。

最近でこそ、ブログを読んでいたら、

”モニターセッションに、行ってきたよ。”
”アクセスバーズ®セッションを始めます。”
”ファシリティーターになりました。”

なんて、記事を読むことが増えて、
身の回りでも、随分浸透してきたなぁ、と思います。

あなたは、アクセスバーズ®をご存じですか?

私が、始めて知ったのは、2015年3月初旬。
新しい、流行のボディワーク?と思いました。

キーワードが、脳のデトックス
まさに、情報があふれている、現代の私たちには、
ぴったりのセッションではないですか。
悪くても、最高のマッサージを受けた気分になれる、なんて。

つい、ライター目線で、
キャッチフレーズが上手いなあ、と思ったりして。
好奇心旺盛ですから、
その言葉に乗って、体験したんですけれどね。

その時に、初のクラス開催のお話を、お聞きします。
受けてみたいと思う気持ちと、引っかかりと。

資格制度

好奇心あってこその、ライター資質
アンテナに引っかかるものは、なるべく自分で体験しています。

アクセスバーズ®は、体感としては、
何かわからないけれど、良いような気がする、
と思いました。

客観的な部分で、検証してみると・・・?

・普通の施術等は、施術側・される側に分かれる。
アクセスバーズ®は、プラクティショナーになると、
プラクティショナー同士で、お互いギフト&レシーブできる。

一方通行でないのがいいな、と思いました。
家族でお互いにギフト&レシーブ という使い方もできます。

引っかかっていたのが、資格制度
新しいものを習うより、インプットしてきたものを、
アウトプットしていく時期と、感じていたこともありました。

最近、1日で取得できる、認定講師とか多いでしょう。
その道のプロを輩出しているとは、思えない資格もありますし。
ひと呼吸置いて、観察してみよう、と思ったんです。

受ける側としては、日頃お忙しい方に、
お薦めできるセッションと、感じました。

私自身も、行ってみたいと思っていたクラスで
プラクティショナーとなった方にお願いし、
2回目のアクセスバーズ®を受けました。

気になるけれど、踏み切るまではいかない。
その頃、あるニュースに、揺すぶられていたのです。

選択方法

セッション内容が、何かわからないけどいい、であると、
提供側になるには、ためらいがあります。
自信を持って、オススメしたいですから。
アクセスバーズ®セッションを体験した後、
全体像を知ろうと、本格的に情報収集を始めていました。

アクセスバーズ®は、ご本人に最適なことが起こる、
とされています。
万人に共通する、事例は上げられません。
そのことが、外から見れば、
わかる人だけの間で盛り上がっている様にも、見えました。

そんなある日、突然のニュースを目にします。
多くのサイトで、本部から通知されたので
というお知らせでした。
クラス受講料の、大幅改定です。
改定はともかく、補足説明は?と思ったんですね。
予告から実施までは、5日ほどでしたでしょうか。

ワタクシ流選択法によって、無理はしませんでした。
迷っている時、不安を打ち消す為の、選択はしない。
例えば、○○になりたくないから、△△を選ぶ、
という動機では、結果、うまくいかないみたいなんです。
駆け込み受講はしない、と決めました。

かすかな違和感は、丁寧に見ていく必要がありました。

3人の意味

さて、そんな中、アクセスボディMTVSSセッションが始まったよ、
というお知らせを受けます。
気になっているセッションの、ボディ版です。
常日頃、身体作りにアンテナを張っている、
ダンサー♪としても、見逃せません。

ボディのセッションも、優しい触れるタッチのボディワーク。
あっという間に、心地良い時間は過ぎました。
セッション後、アクセスバーズ®について、
ファシリティーターさん、プラクティショナーさんと、
3人で、フリートークしたんですよ。

その時のお話は、
”そんな見方もあったのか。”
と、自分では考えもつかない視点、でした。
人の価値観って、面白いですね。

そして、ファシリティーターさんの、
”アクセスバーズ®のクラスを開講するには、
3人のファシリティーターから、
クラスを受けると決まっているの。
それにも、何か、意味があるのかもしれないわね。”

の言葉に、閃きます。

アクセスバーズ®を、このお2人から受けている。
3回目を、他の方から受けたら、
違った景色が見えるかもしれない。

単なる、思い付きなんですけれど、
誰でもいい、という訳にはいきません。
信頼できる方でないと。

霧晴れて

3回目を受けたいと思った、その1週間後、信頼できる方が、
アクセスバーズ®セッションを始められたことを、知りました。

この方は、ヒーラーさん歴も長く、
元看護士長さんという経歴をお持ちの、
医療的な知識も、豊富なお方。
この度、ヒーリングツールのひとつとして、
アクセスバーズ®を採用されたのでした。

アクセスバーズ®の、深い眠りから覚めた後、
私は、疑問に思っていること、かすかな違和感を、
率直にお聞きしました。
全ての事柄が、本部が決めたから、の世界だったなら、
息苦しさを感じます。

それは、アクセスバーズ®セッションの影響だったのか、
お話も含めた、ヒーリングの作用であったのか、
そのどちらでも、あったのでしょう。

お話してくうちに、頭上の霧が、晴れていくのを感じました。

もし、”違和感を感じるものが、存在しているとしても、
私は私で、そうではない道を、選ぶことができる。”

そう、確信できたのです。

機は熟したのでした。

共通点

初めて知った3月から、
アクセスバーズ®クラスを受講したのは12月。
気になりながらも、機が熟すまで、待ちましたよね。

クラスは、午前中が座学になります。
ここで、一番最初に習う概念、コンシャスネス
そのお話は、とても頷けるものでした。

何故って?

実体験を通じて、感じてきたことが、
一つの概念として、示されていたのです。

2013年頃から見えてきた、兆し。
こんな記事、書いていましたね。

”価値観の多様性”
”ジャッジはしない”

そして、思いが強まっていった、1年だったと思います。
”競争からちょっと離れる本”

では、アクセスバーズ®を知ってすぐ、
このクラスに行ったとしたら、どうだったでしょう?

実技の部分で、難しいと思うところは、もっと多かったかもしれません。
ダンスとの共通点を感じながら、進められたから。

だけどね、すぐに飛び込んで、難しいと思いつつ進むのと、
納得して、実感を持ちつつスタートするのと、
今、立っている場所は、同じ地点と感じています。

私は、このルートを通って進みたかったのです。

 - アクセス コンシャスネス™ ,