Access BarsⓇ(アクセスバーズ)のいいところー疲れない

   

Access BarsⓇ(アクセスバーズ)ファシリテーターであり、文章サポートライターの梨理です。

折に触れ、ライター的な視線で、

Access BarsⓇ(アクセスバーズ)のいいところを、ご紹介してきました。

体験された方は、まずまず思い当たる節があるのでは、と思います。

IMG_6470

私が、Access BarsⓇ(アクセスバーズ)を継続できた訳

今回は、プラクティショナー側の観点から、

Access BarsⓇ(アクセスバーズ)のいい所を挙げましょう。

それは、疲れないこと!

 

皆様の、怪訝なお顔が目に浮かびます。

そこには、個人的事情(体質?)があるので、同じ体質の方には、朗報かな。

 

ワタクシ、セルフケア探求歴は長く、かれこれ25年位でしょうか。

使いやすいもの、続けやすいもの、家族にも施術できるもの、

色々試してきました。

周りの方に提供してみて、人気があった手技もいくつかあります。

でも、たくさんはできなかったんですね。

自分の身体の方が疲れてしまって。

手技そのものは、優れものだったのに。

 

それには理由があって、私自身が

  • 頑張らなければならない、という思い込みを持っていたこと。
  • それに付随して、固い身体になっていたこと。
  • 施術をすると、喜ばれても自分の肩が凝る。

という状態だったんです。

だから、家族に時々しかできなかった・・・。

 

セッション側もどんどん楽しくなる施術

でもね、Access BarsⓇ(アクセスバーズ)なら、

ポイントに指を当てているだけなので、そもそも力は不要です。

 

また、セッション自体が、思い込みが外れていくものだから、

施術するだけでも、どんどんラクになっていきました。

今までだったらありえないことですね。

連続でセッションしても、負担感がなかったんです。

自分自身も、セッションすることが楽しい、やりたい、

と思ったセッションは、初めてのことでした。

 

Access BarsⓇ(アクセスバーズ)の継続に、

一番良いのは、お互いにできる環境だと思うんです。

気分転換を兼ねて、セッションに出向くのもいいですが、

もっと身近に。

 

一度体験して、気に入ったなら、

クラスを受けてプラクティショナーになるのが、おすすめです。

アクセスバーズ(Access Bars®)は、一生もののセルフケア にもなります。

 - アクセス コンシャスネス™ , ,