アクセスバーズ(Access Bars®)ファシリテーターになるまで

   

20160225223214.jpg

初出は2016年3月です。
今に繋がる記事ですので、リライトしてお送りします。
2015年3月、アクセスバーズ(Access Bars®)なるものを知りました。
脳のデトックスという説明に、上手いキャッチコピーと感じた
文章サポートライター梨理です。

これまでのお話を、未読の方は、
先にこちらから、お読みくださいね。

アクセスバーズ(Access Bars®)クラス参加後

アクセスバーズ(Access Bars®)クラス後の、家族にセッション2日目のこと。
自分にできるかなぁって、思っていたのに、
回数をこなすほど、体感が強まってくる、
大丈夫って思ってきたんですよ。

私の感覚では、毎日のセルフケアと一緒ですね。

身近な人にお伝えする為に、
ファシリテーター資格を取りました。

クラスを受けて、プラクティショナーになると、
プラクティショナー同士で、交換セッションできるんです。
受けている側の家族も、概念は知らなくても、
気持ちいいから、続いているのでしょう。
習ってみたいと、口にする様になりました。

初開催の、アクセスバーズ(Access Bars®)クラスは、身内で行います。
もちろん、カリキュラムは 充実の1日コースです。

当ブログで、
・初めてアクセスバーズ®を知った。
・聞いたことはあったけど、興味が湧いてきた。

というお声は、よくお聞きしています。

~頭の断捨離で、スッキリしてみたい~
~気になっているけど、なんだか怖い~
~梨理さんがしているんだったら、怖くないのかな~

職業、ヒーラーでもなくセラピストでもない、一般人。
文章サポートライター梨理による、クラスなら、
受けてみようと思われている方へ

セッション体験は、今すぐ可能です。
クラス開催は、もうしばらくお待ちくださいね。

視野を広げる

クライアント側として、約9か月の観察期間。
家族に提供する為の、プラクティショナー取得。

という経過からは、驚くような早さで、
ファシリテーターになろうと決めました。
クラスを受けた次の日だったんですから。

その理由?

ひとつには、
アクセスバーズ(Access Bars®)の概念自体を、知りたくなったこと。
午前中の座学が、面白かったんです。
ファシリテーターになるには、
後2回、クラスを受けるのが必須ですが、
シンプルに、”もっと知りたい!”と。

もうひとつは、
やっぱり実感があったことですね。
それも、回数を重ねる毎に、身体が納得していく感じ。
体育苦手でもダンサーなので。
不器用な人でもできると思い、
身近な人に、お伝えしたくなりました。

後2回を受けるのは、
違うファシリテーターさんからになります。
それもワクワクしたんですよ。
今の自分に、
新しい視点をもたらしてくださる、ファシリテーターさん
という、スケジューリングも楽しかったですね。

クラスとクラスの間は、間隔を開けて、
その間は、ひたすら実技の実践。
クラスでは、ファシリテーターさんと出会い、
また、新しい視点を受け取れる。
楽しい期間でした。

2016年2月に、アクセスバーズ(Access Bars®)ファシリテーターになりました。

アクセスバーズ(Access Bars®)は、脳の断捨離と言われています。
実際に、クライアントさんの感想では、
受けると頭がスッキリして、事務効率も上がったと言われました。

ボディクラスの選択

ボディメニューを、セルフケアとして、
取り入れたかったんです。

ボディメニューは、発展し続けて、
現在は、60種類位あるのだとか。
ひとつずつ受けていったら、
ちょっと大変な気がしました。
興味深いんですけれどね。

そこで選んだメニューは、厳選ふたつのみ。

・MTVSS(免疫力UP)
・視力矯正

MTVSSは、昔からある定番メニューです。
免疫系に働きかけるのなら、万能ツールでしょう。
一家にひとり、できるようになるといいなと。

視力矯正も、気になっていたんですよね。
ブログを読んだり書いたりしている時間、長いですから。
年を取っても、疲れない目で、読書を楽しみたいですし。

同じ様なことを、思っている方も多い様で、
この2つは、人気メニューですね。

4月の体験会では、フェイスリフトのメニューがある、とお気づきの方、
おられるかしら?
かなり観察力のあるお方ですね。
フェイスリフトは、何の前触れもなく、いきなり登場させました。

ダンサーは、顔より先に、ボディが気になる人種です。
フェイスリフトも、ボディメニューのひとつですが、
セルフケアとしては、予定外だったんです。

何故、フェイスリフトも、セルフケアメニューに加わったのか?
それは、忘れられない体験をしたからなんです。

ギフレシ会の意味

プラクティショナーになった、数日後に、ブログ繋がりで、ギフレシ会のお誘いをいただいていました。
初めてのギフレシ会(ギフト&レシーブの会)が、
この会で、本当に良かったなぁと思っています。

もちろん、お世話してくださる方はおられましたが、
ほぼ初対面のプラクティショナー同士、
誰がリーダーということもない、交換セッションの醍醐味
を、
感じられたことが、とても大きかったんです。

私は、このギフレシ会こそ、
アクセスバーズ(Access Bars®)の特徴ではないかと、思っています。

この時に、初めてフェイスリフトを受けたんですね。

その体感のパワフルなことと言ったら・・・。

以下、個人的な感想です。

・顔から頭上に、上昇していく様なエネルギーを感じた。
・胸のつかえが取れた様な感じで、なんだか軽やか。
(特に悩みもなかったのに)
・単純に美容というより、心に大きく影響している気がする。

終わった後は、フェイスリフトを習いたい!
と思いましたものね。

この時は、セッション前後の写真は撮らなかったんですが、
先日のクラスでの写真は、よくわかる位変化していました。

このフェイスリフト、体験したい方もあるのでは?と思って
体験会メニューに入れたんですよ。
来られた方には、その時の写真もお見せしますね♪

場を創る人

先日、”梨理さんも、ギフレシ会を開催したら?”
というご提案を、いただきました。
ギフレシ会とは、プラクティショナー同士、
セッションをギフト&レシーブする会です。

開催されているギフレシ会との、
スケジュール調整に、意識が向いていて、
開催する側になるのは、考えていませんでした。

ファシリテーターには、
場を提供し、サポートし、全体を進めていく意味
がありますね。
そのうち、ギフレシ会も開催しようかしら。

いただいたご提案は、
必ず持ち帰って、検討する様にしています。
ご提案そのものが、
”こんなことできるよね?”というギフトですから。

多少の時間差はありますが、
次から次へとリクエストいただく昨今、
その準備に、頭を悩ませています。

あっ、こんな時こそ、アクセスバーズ(Access Bars®)だ!

頭がいっぱいで、身動きが取れない時に、
必要なことだけ、動き出せる感もあるんですよ。

ファシリテーターとしてのお薦めは、一家にひとり、
できれば、ギフト&レシーブの為にふたり、
アクセスバーズ(Access Bars®)ができる人が、居ることですね。

アクセスバーズ(Access Bars®)セッション&ボディセッションは、ご希望の方のみのメニューです。
私は、職業セラピストではなく、伝える人が本業です。
アクセスバーズ®の良さは、クラスでお伝えしていきますね。

アクセスバーズ(Access Bars®)クラスについてのご質問は、
こちらから、ご遠慮なくどうぞ。

 - アクセスバーズ™クラス ,